Mac & Pal

Wednesday, August 03, 2005

Needham & Co.:HPは黄金のチャンスを失った

MacworldはHPのiPod販売撤退に関するアナリストの見方を紹介した。Needham & Co. のアナリストCharles Wolfは、大きな費用をかけずに一つの収益源を確保するという黄金のチャンスをHPが失ったと指摘した。HPはHP版iPodをアメリカでしか販売しなかったが、HPの販売網は世界で10万店にも及ぶ。一方、アップルに対しては、HPの撤退によってこれまで以上の速さでiPodの流通網を拡大させるためのドアが開かれたとWolfは分析、長期的には流通網の開拓余地が大きいアップルに有利に働くとの見方を示した。HP版iPodの販売台数は全iPodの5%にしかならなかったが、HPが海外で販売していればもっと大きな数字になったかも知れない。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home