Mac & Pal

Friday, August 26, 2005

インテルMac予想

MacBidouilleはインテルの発表したプロセッサーロードマップから、新Macの投入時期を予測した。インテルのプロセッサーは、モバイル向けデュアルコアプロセッサーのYonahが2006年第1四半期に、さらに64ビットをサポートするMeromが2006年後半に登場する予定となっている。また、デスクトップ向けデュアルコアプロセッサーのConroeが2006年後半に、サーバ向けのWoodcrestが2006年後半、2〜4のコアを搭載するWhitefieldが2007年に登場する予定となっている。

まず、MacBidouilleはポータブルMacに二つのシナリオを予想した。一つは2006年6月にYonahを搭載したiBook、そしてMeromを搭載したPowerBookが発表され、9月に発売されるというもの。もうひとつは、Meromの登場が遅れた場合、先にPowerBook Yonahが発売され、後にMeromに移行した後、iBook Yonahが発売されるというもの。Yonahには2.16GHzと1.6GHzと1.2GHzの三種類があり、シングルコア版も登場する予定。

次いで、2006年中にMac miniとeMacがYonahに移行する。iMacはConroeを搭載し、2006年中に発売。一方、Power MacとXserveはWhitefieldということになるが、MacBidouilleはPowerPC 970MPの研究開発がスローダウンしていることから、Conroeの搭載によってインテルPower Macの登場が早まることもあり得ると見ている。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home