Mac & Pal

Tuesday, August 02, 2005

HPのiPod販売撤退──「Radio Shack」が引き金か

iPodObserverはHPのiPod販売撤退に関するアナリストのレポートについて掲載。アップルとHPへの影響は軽微と見るAmerican Technology ResearchのShaw Wuは、米大手販売店Radio ShackでのiPod販売開始がHPの撤退の引き金になったと見ている。Radio Shackでは以前からHP版iPodが販売されており、アップルのオリジナル版iPodと直接競合することになった。アップルとの契約により、HPは来年の8月まで独自のプレイヤーを販売できないことが明らかになっているが、CEOの交代で方針を転換したHPは、できるだけ早く独自のプレイヤーの販売に乗り出すだろうとWuは見ている。Needham & Co.のCharles WolfもRadio Shackの件が引き金になったと見ている。RadioShackは全米に約7,000店におよぶ店舗網を展開している。iPod取扱店は現在25,000店舗に及ぶとするWolfは、「iPodの持つポテンシャルを完全に引出したいのなら、アップルは海外の販売店との契約に今以上に積極的にならなければならない」とコメント、アメリカ国外での流通網の開拓が今後のiPodの成長にとって重要になって来るとの見方を示した。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home