Mac & Pal

Saturday, July 30, 2005

HP版iPodが販売中止

ウォールストリートジャーナル(要登録)はHPがHP版iPodの販売を取りやめると報じた。同紙の記事について詳しく伝えたiPodObserverによると、アップル広報担当者は、販売の中止がHPのデジタルメディア戦略と合致しなかったためと説明している。HPは背面にHPのロゴが刻印されたiPod、iPod mini、iPod shuffleの各モデルを同社の流通チャネルを通じて販売しているが、それらHP版iPodは現品限りで販売終了となる。HP版iPodの販売台数は全iPodのおよそ5%を占めていた。

HPの動きには様々な推測が出来るが、アップルとHPとの契約内容を知るあるHP関係筋は、HPが他社の音楽プレイヤーを販売することも出来ないし、自社開発も来年の8月までは着手できないことになっていると話している。Jupiter ResearchのアナリストJoe WilcoxはiPodObserverに対し、「HPはiPodの販売で大きな利益を得ることは決してなかったし、アップルは契約の金銭的条件をより強くコントロールしていた」と指摘、今回の契約解消が両社にとって大きな問題ではないと分析した。

HP製パソコンのiTunesプリインストールは引き続き行われるが、HPが自社製プレイヤーあるいは他社製プレイヤーを出すにしても、iTunesの存在はウインドウズ・メディア・センターを核とする同社の戦略とうまくフィットしないとWilcoxは指摘した。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home